↓↓↓ このブログの現在のランキングはこちら ↓↓↓ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ

2009年06月19日

クジラの子

家の近くにある足立第百十七小学校のプールの前を通ると、
いつもミーミーという鳴き声が聞こえてくるんよ…

まだ、小学校の水泳の授業は始まってないだろうから、
小学生の泣き声ではなさそうだし…

ちょと不気味。

一体なんなんだあれって思ってたんだけど、
意を決して、確かめてみることにした。


避妊手術後、抜糸も無事終えて元気回復したモリーと一緒に、
小学校に侵入してみた。

夕方、少し暗くなりかけの校庭は、
もう人気が無く静かだった。

プールの前にいくと、
あの鳴き声が…

ミーミー…、ミーミー…

なんだか、悲しそうな叫びに聞こえる。

すると、突然、ザザーっと波が立ったかと思うと、
プールのなかから、黒い影が姿を現した!

海坊主か!と思いきや、
なんとその影はクジラだった!

盛りー(モリー)は、クジラに向かってわんわん吠えた。

けど、しばらくすると、
盛りーは、吠えるのを止めた。

クジラが、どうやら涙を流しているみたいだと、
僕も、森ーも気がついた…

どうしたの?

尋ねてみると、どうやらクジラは家出をしてきたらしいのだが、
時々、さびしくなってこうして夕暮れ時になると泣くんだということだった。

確かに、東京は刺激がいっぱい…
大海原もいいけど、家出して新しい世界にふれてみたい気持ちはよく解る。

僕も家出経験者だし…

自由の空気にふれた代えがたい喜びもある。

クジラは、家に戻るつもりはないんだって…
人間の年でいうと14歳くらいのまだ少年のクジラだった。

いろいろ事情があって、
いまはこの足立第百十七小学校でかくまってもらってるらしかった。

まわりの人は親切にしてくれてるんだって〜

あ、そっかぁ〜!
こないだミヤコ蝶々声の赤いヘビが言ってたクジラって、
こいつのことやったんや〜〜!

そう云えば、
彼に会った時、僕は不思議と初めて会った気がしなかった。

よくよく考えてみれば、
プールのクジラは、僕の夢の中にたびたび現れていた。

いつも、かなしそうに鳴いていたっけ…

クジラで思い出したけど、
毎年応援している『水族館劇場』の公演が今年もついに始まっています!!

●『水族館劇場』mixiコミュ↓↓
http://mixi.jp/view_community.pl?id=368012

●オリジナルホームページ↓↓
http://www.suizokukangekijou.com/

去年の日記にも公演について書いたけど、
とにかく、ほんとに、すっごい劇団なんですよ〜!

お寺の境内のなかに特設舞台を創るんだけど、
その規模が尋常でない!

もう塔がそびえたつ感じ…
ほとんどアトラクション級!

野外でのイントロダクションから始まり、
観客は特設舞台に導かれて、
その独特な異次元世界へと引き込まれていく…

飛行船や、戦闘機が飛んだり、
馬が駆け回ったり、
河童が出てきたり、
突然、怒涛の嵐が押し寄せ、大洪水になったり…

これ、全部ほんとうだから!!
いったい、どんなお芝居なんだって思うでしょ?

今年の公演は、
6(土)、7(日)、8(月)の残すところ3日間!

僕は、8(月)の千秋楽に観に行く予定です。

行ってみたい人、ご連絡ください!
一緒、行きましょう!

すげーよ!
絶対、ビビるから!

(この日記は、mixi上で6月5日に公開されたものです。)
【お話しとかの最新記事】
posted by チェン・スウリー at 23:16| Comment(0) | TrackBack(1) | お話しとか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29921145

この記事へのトラックバック

異次元への招待 Part.1
Excerpt: BS特集の動画です。異次元への招待 Part.1 異次元への招待 Part.2異次元への招待 Part.3異次元への招待 Part.4異次元への招待 Part.5
Weblog: 注目の物理学者、リサ・ランドールの5次元宇宙理論
Tracked: 2009-06-20 21:17
ブログ村 ジャンクスタイル