↓↓↓ このブログの現在のランキングはこちら ↓↓↓ にほんブログ村 ライフスタイルブログ ジャンクスタイルへ

2011年10月28日

はちみつよりも大切なもの

    
しかし、時の経つのは早いものよのー

もう10月も終わっちゃうよ……

どうしてこんな早いの…?

9月は結局、1日にブログをアップしたきりでした……
これじゃ、いかんね。
もっと、マメに更新しなきゃ……


ってことで1ヶ月を遡るようなかたちになってしまいますが、

プーさん.jpg

思い返せば、この9月は、
公開早々くまのプーさんを観にいってきたことから始まります。

前評判があんまりにも良いもんだから、
気になってて、柄にもなく観に行って参りました。

CG全盛の映画界のなかで、
丁寧な手描きの絵にこだわったクラシックな見せ方、
ウォルト・ディズニーの精神を引き継いでいる正統の見せ方、
ディズニーアニメのクォリティーの底力を見せ付けられるってのは、
これはもう、みんなが普通に書いてることで今更言及するまでもないけど、

僕なんかは、プーさんのこの「世界観」っていうのは、
いったい何なんだろうってことがずっと頭にひっかかってたんだよね。

言うなれば、善意と信頼に満ちた世界。

プーさんのことをこんなふうに真面目に語るのは、
ちょっと滑稽に感じる向きもあるかも知れないけど、

心の奥の記憶に残るこの風景は、
くったくもなく笑っていた幼い日の記憶なのだろうか、

それは世の中の何の悩みも知らずに過ごせた
幸せな時間だったからこそ感じ得た世界なのか……

人との付き合いで、この全幅の信頼や安心感を抱くことって、
大人になっては不可能に近いことなのだろうか……

そんなことを考えさせられて、ちょっとさびしい気持ちになっちゃうんだよね。

登場するキャラクター達がクリストファーロビンに寄せる「大好き!」って気持ちや、
絶大な安心感、信頼感は、微笑ましいを通り越した
観ているものへ温かい喜びの感情というある種の気づきを与えてくれるものだと思った。

そして、仲間がみんなでわいわいやりながら、
互いのことを大切に考えて助け合うような関係。

損得や「利用価値」で接してこられたり、
逆に離れていったり、

そんな人との接し方に傷つけられたり、
嫌気を感じた経験ってのは、
多くの人が持つものなんじゃないかな。

打算や駆け引きとはまったく無関係の「思いやり」と「助け合い」の世界。


しかし、思えば、ジャンク派も
いろんなみなさんの善意とご厚意とご親切によって支えられている。

ジャンク派の運動がこのように多くのみなさんに助けられながら、
どんどん発展してきているのは、これはほんと奇跡的!なことだと言えると思う。

最近、つくづくこのありがたさを噛みしめているよ。

「ありがとうー!!」って思いっきり大きな声を出して、
ひとりひとりに頭を下げて回りたい気持ちだよ……

そして思うのは、はやくお返しをしなくちゃってこと。


ジャンク派が多くの人に支えられて、いろんな展望が見えてきつつある今は、
実は、とっても大事な踏ん張りどころだと思う。

道は自分で切り開いて行くしかない!
そして、ぐっと伸びる時が今なんだと思う。

しっかりしろよ! 自分!


ジャンク派を育てていただいてるのは、
ほんとにみなさんのお陰様です!


明日は、「ジャンク派 クリエイティブ・カレッジ」の第1回目として開催する
筑紫哲也氏の元 秘書でいらっしゃった白石 順子さんの講演会がある。

告知をした期間が、実質、1ヶ月足らずだったにも関わらず、
多くの方からお申し込みをいただきました。

それは、もちろん、
筑紫さんがいかにたくさんの人たちから愛された
真のジャーナリストであったかを示しているわけだけれども、

チラシの配布や、twitterなどのネットで、
熱心に告知にご協力してくださったみなさんのおかげです!

ご厚意に心からお礼申し上げます。


他では決して聞くことのできない、日本を代表するジャーナリストの素顔に迫る
貴重な講演になると思う。

普段ジャンク派を見てくれているような若い表現者志望の方、
ジャーナリズムに関心を寄せる方など、

一人でも多くの方に、ぜひ、聞いていただきたい!

お申し込みをされてなくても、明日、時間が空いたという方がいらっしゃれば、
四ッ谷まで足を運んでくだされば幸いです。

筑紫さんのお人柄やその大切な思いを語り継ぐ、
温かい会にしたいと思っております。


『素顔の筑紫哲也さん』
―元秘書が語る日本を代表するジャーナリストの思い出―

講師・パネラー:白石順子氏(筑紫哲也氏元秘書)
聞き手 チェン・スウリー(ジャンク派 代表)
日時:10月29日(土曜日)14:00〜16:00
場所:四谷ひろば(東京メトロ 丸の内線 四谷三丁目駅 2番出口 徒歩5分)
参加費:1,000円
定員:50名 

【当日のご参加も可です。】

詳細 
→ http://junk-ha-creative.sblo.jp/article/47974047.html

posted by チェン・スウリー at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記とか
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/49513923

この記事へのトラックバック
ブログ村 ジャンクスタイル